works


料理イメージ
料理イメージ

「別けるのではない、交わる差の点」(2018)

赤と青に光るシグナルがついた舞台装置。

 

 

 


料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ

「MADE IN JAPAN」(2018)
いつも 人間マニュアル(日本製/MADE IN JAPAN)に
ならって、みんなに応用しながら過ごしていた。

なにかの役を日常で演じている毎日が、
きっと本心でも外面(そとづら)でもどちらでもよいのだけれど
結局どれが個性なのかわからなくなってしまった。

けれど、マニュアル化されたあたりまえの
ソレは展示する価値があるもの
だと思う。



料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ

「おもて なし 国/ OMOTE NASHI」(2017)
卒業制作作品「MADE IN JAPAN」の過程。

作り手は監視員になり、役者は役者とされ、
鑑賞者は鑑賞者を演じる。
This is from graduation show "MADE IN JAPAN" work practice.
Actor be played as actor.Viewer play Viewer.



料理イメージ料理イメージ料理イメージ料理イメージ

「上を向いているのか 下を向いているのか/ Are they looking up or down?」(2017)
茨城県取手市にて2か月滞在制作をして たどりついた作品。

彼女彼らは、上を向いているのか 下を向いているのか。
This work made during artist in residence at Ibaraki prefecture.
From reserch to junior high school students.


 



料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ

「庭園/ Garden」(2016)
日常の木々と住まう人間の境界線をみていると、人間勝手に木々は操られている。
それに抗い コンクリートを抜けて生き続けている根をみると、
怖れとともに、その生命観に安堵する。
我が家の庭をつぶすことをきっかけに、その木々をつかって木と人の境界線を曖昧にみせた。


 


料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ料理イメージ
料理イメージ

「人間動物園/ HUMAN ZOO」(2015)
豊田あそべるDAYS企画、いちご動物園の協力のもと、実現化。
柵の内側に移動動物園をよび、動物とふれあえた限定企画。
外側からみれるプレートには動物の名を、内側には”ヒト”のプレートを示した。

人間が人間特有の動物らしさを受け入れ、いとおしく関わっていけたらいい。


 


料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ

「犬/ DOG」(2016)
パピーミルの存在を現したくて、つくられた作品。

大量生産大量消費ができるステンシル技法によりたくさんの犬を制作した。犬の像を切り抜き、ゴミのように
あつめたものを”犬”という名にした。
This work about puppy mill. Dogs are made a lot with stencil work on paper and cut a lot.

I call the wastepaper "DOG".


 


料理イメージ
料理イメージ料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ
料理イメージ

「ひきこもり/ HIKIKOMORI」(2015)
日本社会現象”ひきこもり”をテーマにした作品。

ひきこもりとは、社会的に籠もるだけでなく、
道端ですれちがうあの人も精神的にひきこもるように、もっと近い存在なのではないだろうか。
Hikikomori is Japanese social problem, social withdrawal.


 

料理イメージ料理イメージ料理イメージ
料理イメージ料理イメージ
料理イメージ料理イメージ
料理イメージ料理イメージ料理イメージ

「グラフィティ/ Graffiti」(2014)

雨・雪・黴・錆による絵画。人間の作者不在の自然によるグラフィティ。

Those painting are painted by rain, snow, mold and rust without human artist.